大富豪 ルール 革命返し

大富豪のルール:革命返しとは何か

スポンサードリンク

大富豪というのは、トランプを使用したカードゲームの1つです。

 

 

関東地方では大貧民という名称で呼ばれることも多く、関西地方では大富豪と呼ばれることが多いです。

 

 

主に日本において親しまれているものですが、海外を見てみると、類似のカードゲームが多数あります。

 

 

 

 

大富豪では、各自が持っているカードを順々に場に出していき、手持ちのカードを全て無くすことを競います。

 

 

たいていの場合、4人から6人程度でプレイをしますが、より大人数でプレイをするケースもあります。

 

 

 

 

大富豪のルールは全国共通のものではありません。

 

 

基本的なルールに関しては概ね一致しているのですが、いわゆるローカルルールも多数存在するので、様々な地方の出身者が集まってプレイをする場合は、最初にきちんと確認しておくべきです。

 

 

プレイの最中に意見が食い違ってしまうと、楽しさが半減してしまいます。

 

 

 

 

ゲームのスタート時は、3、4、5、6、という具合にカード数字が大きくなるほど強いとされています。

 

 

しかし、その強さを逆転させる革命という行為があります。

 

 

同じ数字のカード4枚以上を出すことで、カードの強さが逆転するのです。

 

 

更に、別のプレイヤーが同じ数字のカード4枚以上を出すことで、元に戻すことも可能です。

 

 

これを、革命返しと呼んでいます。


スポンサードリンク