ポーカー ルール わかりやすい

ポーカーゲームのわかりやすいルール説明

スポンサードリンク

ポーカーゲームとは、トランプを使用したカードゲームの一種であり、2人から6人まで同時に遊ぶ事ができます。

 

 

 

手元に5枚のカードを並べて、役を作り、その役が一番強かった人の勝ちとなるのが基本的なルールになっています。

 

 

 

簡単にわかりやすいように説明しますと、まず、裏返しにしたまま手元に5枚のカードをそれぞれに配ります。

 

 

 

その手元に来たカードを自分だけで見て、役が出来そうなカードだけを残して、他のカードを交換します。

 

 

 

それを繰り返していき、役が満足する役が出来たところで、ストップなど役が揃った事を宣言します。

 

 

 

そこから1周したところでそれぞれのプレイヤーは、手札をオープンします。

 

 

 

そこで一番強い役を作れていたプレイヤーが勝ちになるというのがポーカーゲームの簡単なルール説明です。

 

 

 

では、役とはどういった種類があるのでしょうか?
まず、一組の同じ数字が揃っていればワンペア、それが二組ならツーペアという役になります。

 

 

 

また、同じ数字のカードが三枚あればスリーカード、四枚そろえたらフォーカードという、とても強い役になります。

 

 

 

また、スリーカードとワンペアを同時に作ればフルハウスという、これも強い役です。

 

 

 

ほかにも、同じ種類のカードを五枚そろえるフラッシュや、連なった数字を五枚そろえるストレートなどがあります。


スポンサードリンク